ヌミスマアカデミー オンラインショップ

お気軽にお問い合わせください
(306)古代マケドニア「Acanthus」テトラドラクマ銀貨 紀元前470〜430年 「AU STAR」! SOLD OUT
【商品詳細】
重量: 17,06グラム(スラブ合わせて56グラム)
直径:28ミリ
鋳造年:紀元前470年〜430年
鋳造地: Acanthus (Acanthos)
表面:(左側)襲いかかるライオン、跪く雄牛。
ミントマーク「Θ 」,下に様式化された「アカントスの花」。
裏面: 四つの四角いインキュース(刻印)
NGC鑑定結果:「AU Star 5/5,4/5」!!
NGC鑑定番号: 6323222-001
専門書: Desneux Nb53,
57 (same observe Dies), SNG ANS 10

NGC鑑定「鋳造時期」について:

紀元前470年から〜430年鋳造のテトラドラクマ銀貨「裏面インキューズ」に縦横のギリシャ語文字「ΑΚΑ-Ν-ΘΙΟ-Ν」がない為、そして明らかに、「archaicタイプ」である為に(ミントマークや表面真下の「花」マーク)、正しくは、一番初期「紀元前525年〜470年」中に鋳造されたと思います。

第二時期になる前で、その初期時期の後期かもしれません。とにかく、掻い摘んで言うと、本当の希少性はかなり上です。



特記: The City of Acanthosは、紀元前650年頃に始まってペルシア戦争時期とペルシア帝国の「クセルクセス1世」に好意的であったことで知られています。

後期のTetradrachmコイン鋳造に、もっと重大な影響力をもたらした「発祥の地」の一つと言えるでしょう。

特記その2: 「ヘロドトス」の言い伝えでは、「クセルクセス1世」の荷物段列が、マケドニアに生息して居たライオンに襲撃されたことで、歴史上、有名なエピソード。

それをモチーフに描かれたコインで、「ライオン」はマケドニアで、「雄牛」はペルシアを表します。

特記その3:あれほどパワーフルな力強い「デザイン」はなかなか有りません。文明同士の死活の戦いを著しく描写しています。



MACEDON. Acanthus. Ca. 470〜430BC. AR tetradrachm (27.5mm, 17,06gm). NGC AU★ 5/5 - 4/5!

Lion springing right, attacking bull kneeling to left with raised head and biting into his hind quarters, stylized acanthus flower below dotted exergual line / Quadripartite incuse square, the interior compartments granulated.

References: Desneux (Acanthos) Nb57 (same observe dies)



Of the Archaic Greek coinages, the imagery of Acanthus is among the most striking and influential, depicting a lion attacking a bull, a motif soon adopted by several other cities. Lions prowled the hinterlands of Thrace and Macedon in this era and Herodotus recounts an episode when the baggage train of the Persian King Xerxes's army was set upon by lions during its march from Asia Minor into Greece proper. This particular rendering of the life-and-death struggle is especially powerful, with its yin-yang juxtapositioning of the two animals struck in living high relief, displaying the full vigor of Archaic Greek art.

PAGE TOP