ヌミスマアカデミー オンラインショップ

お気軽にお問い合わせください
(144)東ローマ帝国 女帝「Pulcheria」の「Tremissis」金貨!唯一の最高鑑定CH MSStar! Sold Out
【商品詳細】
ギリシャ語: Πουλχερία
生まれ:(Constantinople)紀元後398年(又は399年)1月19日(没:453年)
死後ステイタス:「聖人」!

重量:1,51グラム
鋳造時期:紀元後414年〜453年
表面: AEL PVL-CHERIA AVG
裏面: CONOB
参考書: RIC X 521、 Depeyrot 72/4
NGC鑑定番号: 6056183-012
NGC鑑定結果:「CH MS 5/5、5/5 STAR」


Tremissis金貨の希少性と、過去例は下記の通り:

https://numisma.exblog.jp/28444813/


450年11月25日:52歳で、処女を貫いた末、東ローマ皇帝「マルキアヌス」と結婚(初婚/晩婚)。

東ローマ皇帝マルキアヌスの妃。皇帝アルカディウスの長娘。祖父テオドシウス1世が築いた王朝と,彼が国教とした正統派キリスト教の護持に意を用い,自らと妹たちに禁欲生活を課し,弟テオドシウス2世にも宗教教育・帝王学を授ける。

414年「Augustaアウグスタ位」を授与され,東ローマ政府内で大きな影響力を振るった。

423年弟帝の結婚に際し宮廷から別邸に移ったが,皇妃エウドクシアとしばしば対立しながらも,貧者救済,教会建立,マリア信仰の後援などで人望を集め,政治面,とくに教会政策への影響力を保持した。

死後聖人に列せられた。

Pulcheria, daughter, sister and wife to three different East Roman emperors, played a critical role in maintaining the East Roman regime in the tumultuous fifth century. Born circa AD 398 to Arcadius and Aelia Eudoxia, she had a far more dominating personality than her timid younger brother, Theodosius II, for whom she served as regent during his minority. Under her guidance, the East Roman Empire successfully installed her nephew, Valentinian III, on the Western Roman throne (AD 424-425), while to the East, a brief war against Persia was successfully prosecuted (AD 421). When Theodosius was killed in a riding accident in AD 450, Pulcheria briefly ruled as sole empress before bowing to demands that she marry and thus choose a suitable man to rule as Augustus. She wisely picked the lowborn but capable Marcian, who proved to be the strong, even-handed ruler the Empire needed.
<%MESSAGE24408%>

PAGE TOP